19c 木綿地”真桑瓜”模様 絞り染め・男児用着物

製作地 日本 ※地域不詳
製作年代(推定) 19世紀 江戸時代末-明治時代
素材/技法 木綿、天然藍 / 絞り染め
サイズ 裄丈37cm、袖巾21cm、袖丈42cm、身丈68cm

複数の絞り染め技法を駆使して布地全面に”真桑瓜(マクワウリ)”模様が生き生きと染め描かれた男児用の着物。

一つ身で魔除けの背守りが縫われており、寺社参拝用の着物と考察されますが、蔓を長く張り巡らせ葉と実がふっくらと瑞々しく育つ姿が可憐に表されており、子供の健やかな成長を祈る親の気持ちが伝わってまいります。

木綿地は手紡ぎで柔らか味が強く当時としては相当上質な種類のもの、藍の色も深くかつ瑞々しく、手の込んだ絞り染めを併せて特別上等なものを紺屋に発注したものと推察されます。

戦争や震災等の災禍をくぐり抜けて、ここまで状態良く現在まで守り伝えられてきたことに感謝をしたくなる一品です。

        

          (参考画像)  江戸時代に東京葛飾エリアで栽培されていた真桑瓜

※上画像は『最新の食情報を動画報道するフードボイス』記事より転載いたしております
カテゴリー: 染織 パーマリンク