20c前 沖縄本島 木綿”青地格子経緯絣”衣裳

製作地 日本・沖縄県 本島
製作年代(推定) 20世紀前期
素材/技法 木綿、染料 / 平地格子、経緯併用絣
サイズ 袖丈28cm、肩幅60cm、着丈118cm

20c前期に沖縄本島で手掛けられた木綿”青地格子経緯絣”衣裳。

経・緯ともに藍染めと黒染めの木綿が規則的に配され格子柄と経緯併用の絣模様が織り表された単衣の長丈上衣で、吉祥模様の”トーニー(豚の餌箱)”及び”カキジャー””ピーマー”の琉球絣伝統モチーフが端整に散りばめられております。

戦前の作例で製作地の特定は難しいものの、那覇近郊や南風原(はえばる)等で日常着として染め織りがなされたものと推察されます。

黒糸が入っているため衣裳全体としては紺地に近い色調で目に映りますが、藍糸単体では浅色~青色の色合いで染められていることが確認でき(下の光学顕微鏡による画像参照)、琉球藍による鮮やかかつ深みのある青藍のいろに琉球染織固有の美と色香が感じられます。

戦時中に庶民層の伝統染織・衣裳の多くが失われており、貴重な資料と言える一着です。

(光学顕微鏡による画像)

カテゴリー: 染織 パーマリンク