20c初 東北地方 木綿絞り染め&紅花染め・幼児用腰巻

製作地 日本 東北地方
製作年代(推定) 20世紀初期 明治時代~大正時代
素材/技法 木綿、天然藍、紅花 / 絞り染め、型染(紐)
サイズ 全幅(布本体)94cm、縦29cm

紺地木綿絞りを表に、紅花染め木綿を裏に縫い合わせて手掛けられた東北地方の幼児用腰巻、20世紀初期(明治~大正時代)の作例です。

防寒の実用性とともに肌に触れる裏に紅布が配されることには病除け・厄除けの意が込められており、おばあちゃんや母親の着物・襦袢等の古布から作られる慣習を有したものとなります。

帽子絞りと鹿の子絞りが併用された紺地絞りの素朴で大らかな表情と常盤紺型(ときわこんがた)の紐の組み合わせからは東北地方の手仕事に固有の空気感が色濃く薫るもの、模様と色に込められた祈りの精神性に心惹かれる一品です。

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 染織, 生活と祈りの意匠 パーマリンク