19c末~20c初 沖縄本島 芭蕉”生成地経緯絣”裂

製作地 日本・沖縄県 本島
製作年代(推定) 19世紀末~20世紀初期
素材/技法 糸芭蕉、染料(琉球藍・車輪梅) / 平地、経緯絣
サイズ 横(緯)15.5cm、縦(経)47cm

19c末~20c初期に沖縄本島で手掛けられた芭蕉”生成地経緯絣”裂。

琉球藍と車輪梅(ティカチ)の2色で経・緯双方の芭蕉糸が括り染めされ御絵図柄(みえずがら)が繊細に織り表されたもので、王朝期からは時代が下がると考察されますが、王朝期直系の高度な糸作り・染め・織りの技術が反映されたものとなります。

光学顕微鏡により本布の芭蕉糸を目にすると、繊維の一本一本の太さが均一で明度が高く毛羽立ちもなく、糸繋ぎ(結び繋ぎ)の処理も巧緻、布は柔らかみと滑らかさを備えており、当時としては上手の部類の衣裳用芭蕉布として製作されたものであることが伺えます。

15.5cm×47cmのサイズを超えるスケール感を有し、時代を超えて瑞々しい生命感が薫る琉球芭蕉布の逸品裂です。

(光学顕微鏡による画像)

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 染織 パーマリンク