19c 琉球王朝期 知花 木綿”紺地縞経緯絣経浮花織”裂

製作地 琉球王国(現日本国・沖縄県)  本島中部 知花
製作年代(推定) 19世紀後期
素材/技法 木綿、顔料(朱)、染料(藍) / 平地縞、経緯絣、経浮花織(浮紋織)
サイズ 横(緯)30cm、縦(経)33cm

19c後期の琉球王朝期に本島知花で手掛けられた、木綿”紺地縞経緯絣経浮花織”裂。

この種の知花花織の特色は絵糸が縦(経)方向に織り入れられた”経浮花織”の技法がとられている点にあり(ただし知花花織にも緯浮花織の作例はある)、読谷山花織に顕著な”緯浮花織”とは一風異なる固有の表情・雰囲気を有します。

袷衣裳「綿衣(ワタジン)」から取られたと推察される本裂地は、顔料の朱を染料化して赤に染めた木綿と白木綿により経浮花織で織り表わされた”ジンバナ(銭花)””カジマヤー(風車)”とともに、経縞及び経緯絣の技法による斑状模様が組み合わされた作品で、繊細さとともに庶民層の織物ならではの大らかさと力強さが感じられます。

片側の織り耳を有しており、絣の位置を調整するため緯糸の織り返しに段差が生まれている点は大らかですが、浮花の絵経を含め織りの一糸一糸に神経の通った丹念な手仕事の所産であり、目にしていると織り手の息遣いまでもが伝わってくるような、薫り豊かな古の琉球染織です。

(光学顕微鏡による画像)

カテゴリー: 染織 パーマリンク