19c 琉球王朝期 水色地”霞に松花楓鳥模様”紅型裂

製作地 琉球王国(現日本国・沖縄県)
製作年代(推定) 19世紀前期~半ば
素材/技法 木綿、顔料、染料 / 型染、糊防染、片面染め
サイズ 横19.5cm、縦56cm

19c前期~半ばの琉球王朝期に手掛けられた、木綿”水色地霞に松花楓鳥模様”紅型裂。

霞と松花楓の枝花模様が一体化して描かれ、その間に飛翔する鳥の姿が配されたもので、古紅型固有の瑞々しい水色(空色)表現と生き生きとした動的なモチーフ構成が印象的な一枚です。

琉球藍による地染めを含め十色を数える多彩ないろが使われており、19c当時の天然顔料の色味に格別の趣きが感じられます。

最下の参考画像は同手型紙が使用された色違いの紅型裂2点で、本品に類する模様構成の紅型が複数残存することから、当時この種の絵図がとくに好まれたことがわかります。

         

 (参考画像)  同手型紙が使用された染め色の異なる紅型作品

※上画像はサントリー美術館刊『紅型 琉球王朝のいろとかたち』より転載いたしております
※上画像は京都書院刊『日本の染織・紅型』より転載いたしております
カテゴリー: 染織 パーマリンク