19c 琉球王朝期 木綿”花色地松皮に鶴鳥松蔓花模様”紅型裂

製作地 琉球王国(現日本国・沖縄県)
製作年代(推定) 19世紀半ば
素材/技法 木綿、顔料、染料 / 型染、糊防染、片面染め
サイズ 横19cm、縦61cm

150~180年前の色料と染め技術が駆使された華やかかつ可憐な色柄構成の紅型裂、衿が縫われていた箇所が斜めの線で残っており、衣裳前身頃の一部であったことが確認できます。

松皮(菱)が象られたジグザグの描線で画面が区画され色の染め分けがなされた作品で、広義の”染分地”に入るデザイン様式のもの、このタイプの紅型は上級士族等の子供用の祝着とされたものが多いことが知られております(この種の衣裳全形は下の参考画像を参照)。

本紅型裂の中には子供の健やかな成長の願掛け模様である”蔓花(つるが長く伸びる)”が描かれていることからも、やはり子供用衣裳であったものと推察されます。

生き生きとした鶴・鳥たちの飛翔姿が秀逸で、スケール感のあるパノラマ的絵図に目と心を奪われる一枚です。

(参考画像) 19c 琉球王朝期 染分地紅型子供用衣裳の全形

※上画像は京都書院刊『日本の染織・紅型』より転載いたしております

カテゴリー: 染織 パーマリンク