崩れゆく仏塔内の指先

ミャンマー シャン州 インレー湖エリアにて

カテゴリー: 仏神像, 旅の一場面, 生活と祈りの意匠 | コメントする

20c初 木綿”三階菱&藍花模様”紅絞り染め裂

製作地 日本 ※地域不詳
製作年代(推定) 20世紀初期 明治時代
素材/技法 木綿、天然染料 / 絞り染め
サイズ 幅(緯)33cm、長さ(経)70cm

手紡ぎ・手織りの木綿地に”三浦絞り””傘巻き絞り”の技法により模様が表された、20世紀初期(明治時代)作の紅絞り染め古裂。

紅花染めと絞り模様のこのデザイン様式の木綿布は襦袢(とくに半襦袢)として用いられたものが多いことが知られており、本品も布両端に残る縫い目跡と70cmの長さから半襦袢解きの一幅とも推察されます。

三浦絞りの敷き詰めにより”三階菱”が表され、傘巻き絞りにより”花模様”が表されておりますが、本布は紅花単色ではなく”花模様”に藍が加えられている点が最大の特徴、細部を良く見ると”淡藍(浅葱)””濃藍(群青)”及び紅花と藍の重ね色”黒褐色”が巧みに染め分けられており、防染と染めの工程に並々ならぬ手間暇と高度な技術がかけられていることが分かります。

時代に固有の濃密な色香に魅了される一枚です。

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 染織 | コメントする

19c 琉球王朝期 木綿”白地流水扇に葵菖蒲鳥模様”紅型裂

製作地 琉球王国(現日本国・沖縄県)
製作年代(推定) 19世紀初中期
素材/技法 木綿、顔料、染料 / 型染、糊防染、両面染め
サイズ 横(緯)35cm、縦(経)33cm

19c初中期の琉球王朝期に手掛けられた、木綿”白地流水扇に葵菖蒲鳥模様”紅型裂。

生成り掛かった厚みのある木綿地に両面染めの技法で多様なモチーフが描かれたもので、この系統の紅型は冬の単衣裳として用いられる場合が多かったことが残存作品及び文献資料により確認することができます。

製作には”中手模様・大柄”の白地型紙が用いられており、大ぶりで絵画的なモチーフ構成が本作品の特徴、”菖蒲””葵”等の草花模様が生命感豊かに描かれるとともにモチーフ間を繋ぐ”流水模様”が画面全体に絶妙な躍動感を加えております。

型紙の送りは約22cmで”飛翔鶴”が灰色で染め描かれた箇所が送り位置と確認できますが、この”飛翔鶴”だけが片面染めとなっていることから、これのみ別な型紙で最後に加えたものとも推察されます。

色彩面では基調となる”朱赤”の色味が印象的で、華やぎと和らぎが交わる固有の染め色からは”王朝期紅型”たる格調の高さと時代に由来する豊かな精神性が伝わってくるように思われます。

(参考画像)  近似するデザイン様式の木綿白地両面染め紅型・単衣裳

19c 琉球王朝期 木綿白地流水葵桜百合貝模様衣裳 東京国立博物館蔵

※上画像はサントリー美術館刊『紅型 琉球王朝のいろとかたち』より転載いたしております

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 染織 | コメントする

雨季の旅(4)

ラオス フアパン県 サムタイにて

カテゴリー: 旅の一場面 | コメントする

雨季の旅(3)

ミャンマー シャン州 ニャゥンシュエにて

カテゴリー: 旅の一場面 | コメントする

雨季の旅(2)

ラオス フアパン県 ヴィエンサイにて

カテゴリー: 旅の一場面 | コメントする

雨季の旅(1)

ミャンマー シャン州 ニャゥンシュエにて

カテゴリー: 旅の一場面 | コメントする

インド最北の古都で

インド ジャンムー・カシュミール州 シュリーナガルにて

カテゴリー: 旅の一場面 | コメントする

ペルシャ 19c前 カシミヤ綾地緯紋織ショール裂

製作地 ペルシャ(イラン)
製作年代(推定) 19世紀前期
素材/技法 カシミヤ山羊、天然染料 / 地:2/2綾組織、文様:2/1及び1/2綾地緯紋織&縫取織
サイズ 横(緯)10cm、縦(経)13cm

蔓花連続模様の左右ボーダーに挟まれ、複雑に重なり合うボテ(ペイズリー)模様及び小花模様が多彩かつ精緻に織り表された19世紀前期(シク期)のカシミヤ・ショール部分裂。

オフホワイト糸の2/2綾組織を地に、文様は綾地の2/1及び1/2緯紋織(&縫取織)で構成されており、綴織技法が用いられていない点が本作品の最大の特徴、素材・技法・意匠を総合してインド・カシミールではなくペルシャ・ケルマン若しくはヤズドで製作されたものと推定できます。

大きな本体柄を有するショールの最端ボーダー、或いは同巾の段模様が色を変えて複数連なるストライプ柄”カートリーズ・ショール(khatreez shawl)”であった可能性が考えられ、巧緻な織りをミクロ面で観察・鑑賞する楽しさとともに作品の全体像を想像することにも愉しみを見い出せます。

荘厳かつミニアチュールな織りの世界観、二百年前後を遡る時代の特殊織物から薫る新鮮かつ濃密な色香と生命感に惹き込まれる一枚です。

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 染織 | コメントする

19c 浄法寺塗”鶴亀松竹梅模様”鏡巣

製作地 日本・東北地方 岩手県 浄法寺エリア
製作年代(推定) 19世紀後期 江戸時代末~明治時代
素材/技法 鏡:白銅、漆器:木胎 / 鋳造、漆絵
サイズ 鏡:外径12cm・高さ1.8cm・重さ736g、漆器:外径14.2cm・内径12.6cm・高さ5.5cm・重さ172g

岩手県(旧盛岡藩)の浄法寺エリアで手掛けられた蓋物漆器の鏡巣と白銅製の円鏡、19世紀後期(江戸時代末~明治時代初期)の作品です。

婚礼支度品(嫁入り道具)として裁縫道具・化粧道具等を収める蓬莱箱が漆器で仕立てられ、この鏡巣(鏡筥)も一式のひとつとされたもので、金箔を用いず黄漆・朱漆により金蒔絵風の絵付けがなされる点に浄法寺塗の特徴が表れております。

本鏡巣は鶴亀と松竹梅図が朱を加えた黄漆により描かれたもので、端整かつ伸びやかな絵付けの筆致に時代に由来する古格が薫ります。円鏡は鈕(紐通し孔)を有する大亀を中央に、双鶴と3羽の子鶴・老松・州浜等が描かれた典型的な蓬莱図様式の作例で同時代の鋳造品です。

本来破損を免れない種類の生活調度品としての木胎蓋物漆器であり、代々大切に保存・継承されてきた伝世品とも位置づけられる貴重な品モノ、目にし手にしていると土地と時代の物語が頭の中に広がり豊かな心地となります。

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 漆器, 生活と祈りの道具 | コメントする

インド・カシュミール 18c後 カシミヤ綾地綴織ショール裂

製作地 インド ジャンムー・カシュミール州 シュリーナガル
製作年代(推定) 18世紀後期 アフガン期
素材/技法 カシミヤ山羊の内毛、天然染料 / 2/2綾組織、綴織(ダブルインターロック)
サイズ 横(経)10cm、縦(緯)15cm

多色の段模様で構成された18世紀後期(アフガン期)インド・カシュミール作のカシミヤ綾地綴織ショール部分裂。

多色に染めた上質なカシミヤ山羊の内毛糸を素材とし、2/2綾組織をベースにダブルインターロックの綴織により段(縞)模様と蔓花モチーフが細密なうえにも細密に織り上げられたもので、その緻密な文様表情は息をのむような巧緻さと独自の完成美が感じられます。

10cm×15cmの小裂ながらサイズを超えるスケール感と色香が濃密に薫る一枚、素材面・技巧面・意匠面のいずれをとっても今では失われし、また現在では再現することの出来ない孤高の染織作品です。

カテゴリー: 技巧・意匠・素材, 染織 | コメントする